家電リサイクルに活用されている技術

家電リサイクルでは、解体・破砕・選別の工程を経て有用な資源を回収します。人の手による分解と大型設備による破砕や素材の特性に合わせた専用選別装置などを組み合わせることで資源としての純度を高めています。また、冷媒フロン・断熱材フロンなどの適切な回収も行い、安全で効率的なリサイクル工程を実現しています。

処理技術・設備

破砕:二段階の破砕により資源化を容易にします。比重差選別:比重差を利用して金属とプラスチック等を選別します。磁力選別:強力な磁力を利用して鉄を吸着して選別します。色彩選別:色彩選別 色彩の違いによりアルミと銅を選別します。渦電流選別:素材の導電性を利用して金属とプラスチックを分別します。風力選別:風力を利用して断熱ウレタンを選別します。加熱減容:加熱によりフロンを分離し、ウレタンを減容します。フロン回収:分離処理されたフロンを吸着し回収します。

比重差選別や配線等の除去による
廃プラスチックの高度選別
断熱材ウレタンの加熱減容による
フロン分離・回収(2010年有償資源化開始)
リサイクル工場の中をビデオで見る

家電リサイクルの現場