1. Home
  2. >
  3. 環境への配慮

環境経営

法を遵守し、着実な環境保全活動を行います。

リサイクル指向の社会を構築するために、廃棄物処理法、資源有効利用促進法、家電リサイクル法などの環境関連の法律が施行されています。特に、企業には、これらの法律を遵守し着実に環境保全の活動をすることが、生産者責任として強く求められています。
当社も、この社会的な要求に沿うために、環境への様々な取り組み"環境経営"に注力しています。
2002年に、環境経営システムEMS:Environmental Management Systemに関する国際規格ISO14001を取得し、2018年には2015版を取得しました。このEMSの活用により、環境経営を効率的・継続的に行っていきたいと考えています。

西日本家電リサイクル株式会社「環境・労働安全衛生方針」

当社は、使用済み家電製品のリサイクルを通じて資源循環型社会に貢献し、安心・安全かつ信頼される企業を目指します。
そのために、法令を遵守し、企業の基盤である働く人の安全・健康と環境への取り組みを、経営の最重要課題の一つとして位置づけ、東芝グループ経営理念「人と、地球の、明日のために。」のもと、豊かな価値の創造と地球との共生を図り、働く人の安全と健康確保に努め、持続可能な社会の実現に貢献します。

基本方針

  • 監査の実施や活動のレビューにより事業と調和した環境経営の継続的な改善と安全健康経営の継続的改善により、業務に起因する負傷及び疾病の予防に努めます。
    また、改善促進のために、積極的な真因追究活動と歯止め構築活動の深堀に努めます。
  • 環境側面に関する法令、労働安全衛生に関する法令、当社が同意したその他の要求事項及び自主基準を遵守します。
  • 環境・労働安全衛生方針達成のために、重点項目について目的及び目標を設定し、定期的にレビューし、継続的な改善・向上を目指します。

当社の環境側面について環境への影響をライフサイクルの視点で評価し、環境目標を設定します。

  • 気候変動への対応
    ①エネルギーの効率的な利用やフロンガスの適正な回収・管理により温室効果ガス削減に努めます。
  • 循環経済への対応
    ①資源の有限性を認識し、資源の有効活用と廃棄物の発生を抑制します。
  • 生態系への配慮
    ①事業活動による生態系への影響を認識し、自然環境や生物多様性の保全に努めます。
    ②水資源の有効利用と汚染の予防により、地域環境保全に努めます。
    ③化学物質による汚染の予防、環境リスクの低減に努めます。

次の事項について目的・目標を設定します。

  • 災害ゼロ
    ①リスクアセスメントを実施し、労働災害や職業性疾病の撲滅ならびにこれらを誘発する危険源の除去
    およびリスクの低減に努めます。
  • 健康保持増進
    ①従業員が個々の能力を十分発揮するための、心身の健康保持増進に努めます。
  • 「明るく、楽しく、ねばり強い」職場風土
    ①5S美化推進に努めます。
    ②事業に関わる多様な立場の働く人々およびその代表と安全健康への取り組みを適切に協議し、参加を支援します。
  • 積極的な情報開示を通じて、ステークホルダーとのコミュニケーションを深めます。
  • 教育・啓発活動の継続的な実施により、環境意識の向上、安全意識・危険感度の向上に努めます。
  • この環境・労働安全衛生方針は、社会動向や利害関係者のニーズと期待に応え、全社員および当社協力会社すべての働く人に周知するとともに、関係取引先にも理解と協力を要請します。

2021年4月1日


環境負荷低減

フロン類(冷媒と断熱材)の回収

オゾン層を破壊し又は地球温暖化に深刻な影響をもたらすフロン類の大気中への排出を抑制するため、フロンを適切かつ確実に回収します。


二酸化炭素:CO2の抑制

マテリアルリサイクルの促進により、地球温暖化の一因であるCO2の排出量を大幅に抑制します。


廃棄物最終処分量の削減

北九州エコタウン企業などとの連携により、廃棄物ゼロ・エミッションを図ります。


環境に優しい循環型リサイクルプラント

工程廃水をプラント内で回収・浄化し、再利用しています。

ライフサイクルアセスメント(LCA)

製品のライフサイクルにおける環境負荷を算出する方法に、ライフサイクルアセスメント(LCA)があります。
家電リサイクルでは、電力・石油などの各種エネルギーを用いて、使用済み家電製品を収集・分解・破砕して、鉄・銅・プラスチックなどの材料として再生しています。再生材料は様々な製品の製造段階で利用され、新規に原料から製造する代替になります。
CO2排出量を当社の処理実績を基に比較して見ると、再生材料を使用した場合、原料から製造する場合に比べ大幅な削減となっています。この例からも、家電リサイクルは、地球温暖化、大気汚染などの環境負荷の低減に有効である事がわかります。

《地球環境に及ぼす影響をCO2排出量で評価》

NKRCのリサイクル処理:71万台処理の場合→有価物:27,696トン(参考値)


【増加分】リサイクル処理によるエネルギー使用量
(全エネルギー消費量をCO2に換算)

増加されるC02排出量:+3,744トン/年


【削減分】原料から製造した場合のCO2排出量
(同じ量の有価物を新たに原料から製造)

削減されるC02排出量:−36,648トン/年

※グラフ数値を確認の事(このデータは画像より判断した数値の為)

環境データ

下水排水濃度分析

(単位:mg/L)[排水量:50m3/日未満][BOD規制値:1500mg/L以下]

敷地境界騒音測定

(単位:db)[第4種区域工業専用地域][規制値:朝昼間〜夕70db以下]

職場粉塵濃度測定

(単位:mg/m3)[一般粉塵][自主管理濃度:3.00mg/m3以下]

雨水排水濃度分析

(単位:mg/L)[規制値 SS:200mg/L以下、BOD:160mg/L以下、pH:5.8〜8.6]

アスベスト濃度分析

(単位:f/L)[規制値 建屋内:150f/L以下、建屋外:10f/L以下]

SDGsへの取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)

SDGsとは

「SDGs(エスディージーズ)」とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、2015年9月に国連で採択された国際社会共通の目標です。世界を変える持続可能な開発目標は、2030年までに達成すべき17の目標と169のtarget(具体目標)を掲げています。


東芝グループ経営理念「人と、地球の、明日のために。」

西日本家電リサイクルは、東芝グループの一員として、東芝グループ経営理念に合致する「持続可能な社会の実現をめざすSDGs」に、家電リサイクル事業を通して貢献してまいります。東芝グループのSDGsへの取り組みについて詳しくは、下記ウェブページをご覧ください。

持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて